作成者別アーカイブ: staff

株式投資で勝つ方法は?

株式投資って最近NISAも登場したりなんかして活況になってきてますよね。

市場全体が何だか賑やかな感じがして個人的には今の相場はかなり美味しいです。
そんな美味しい相場に突っ込まないなんてちょっともったいないと思います。

ただし投資するからには当然リスクがあります。
投資(現物)の方法は主に2つあって、一つ目がキャピタルゲインと呼ばれるものです。
これは要するにA株を買った後上がったところで売ってその差額がそのまま利益になるというものになります。

もう一つは配当で儲けるという手法です。
これは東証一部上場の安定している企業に多いものとなるので初心者が儲けるならこれがいいかもしれません。
ただすぐに儲かるわけではないというのが注意すべき点ですね。

個人的にはやはりキャピタルゲインをいかに増やすかというのが鍵になってくると思っています。

信用取引という、いわゆる自分が買える上限以上を証券会社などから借りて稼ぐ手法もあるのですが、あまりにも
リスクがありすぎますので、よほど慣れていないと手を出さないのが良いと思われます。

なので今回は現物取引で勝つ方法を紹介したいと思います。

勝つためには「負けない」ということが重要になってきます。

たとえばどこかの企業の株を買った際に、どんどん下がってきてしまった場合に損切りというものが
必要になります。

もっていればいずれは上がる、たしかにそうかもしれませんが、上がらない可能性のほうが
高い場合も当然あるわけです。

そこまで待って、他の優良株を買いそこねたなんてことがあればそれこそ機械損失につながります。
なのでいかに効率よく損切りができるかです。

つまり特定銘柄にたいして愛着をもってはいけないということになります。
これは新興市場に共通していえる相場観だと思うので、ゼッタイ覚えておいてほしいところです。

投資は目的に合わせて慎重に

私は以前、金利の良い頃住んでいる所の信託銀行に組み合わせ信託預金をしていたことがあったが、その預金も限度額を越えるようになったので、投資信託をすすめられてやっていた。なおその信託銀行の支店は出ていったため、違う信託銀行に口座を移した。まだそのころは、2008年のサブプライムローンの破綻前であり、前の信託銀行でおこなっていた投資信託では、一部損をしたものもあったが、全体的にはかなりの利益があった。これなどは時期的な運もあったのだろう。しかし今やっている投資信託はほとんど利益がでていなくて、自己資金をくっているようなものだ。現在一般銀行なり郵便でも投資信託を扱っているが、これなどはあまりすすめられないものらしい。これなどは、銀行等の手数料稼ぎであるともいはれている。投資信託をやる際は、世界の動きなり経済情勢に気をつけなければならないだろう。

不動産投資はやったことがないのでくわからないが、よく自宅なり勤務先に電話をかけてくる不動産投資の話には乗らないほうがよいだろう。特に大都会の一部屋のマンションの投資話は、詐欺まがいのものもあるようだ。不動産価格は、今はだいぶ値下がりの傾向がなくなりつつあるようだが、まだ下がっている地方の方が多いようだ。東京はオリンピックがちくずいていて不動産価格も上がっているようだが、オリンッピクが終わるどうなるものか。また不動産価格が下がってくるかもしれない。また日本は人口減少しているので、不動産投資も長い目で見ると、あまりすすめられないのだろう。
すすめられるとしたら、振興国に投資するものがよいとおもはれるが、これも振興国の情勢によっては、損を出すということもいえる。それなどで、投資する際は、それなりの情報を掴んでいなければならないだろう。

投資は勉強してから始めるべき。

投資というものを始めるきっかけになったのは、父に勧められた海外の投資信託でした。ヘソクリでできる金額だったのと分配金が毎月入るとの事だったのです。
銀行の金利が0.2かそのあたりだったのでそれじゃ!っと手続きしたのでした。
こどもの学資もその時一緒に投資信託に投入したのです。
何年か後には増えているから!という触れ込みに釣られて。
それからしばらくして、リーマンショックがおこり株価は恐ろしく下がり続け、勿論投資信託も暴落しました。
買った値段の半分になったのです。
それから、少し持っていた外貨も底値になりみるみるうちに僅かな資産は目減りしたのです。
あまりよく調べずに買ってしまった、投資信託がきっかけでその他のものもどんどん減っていきました。
それから5年程は株価も戻らず、円高で投資をして良かったなと思うことは諦めていたのです。
やっとこの頃株価も戻り円安になってきましたが、投資信託は今も持ったまんまです。
損は3分の1までにへりましたが、それでもプラスにはなりません。
ただ、わずかながらの配当金が少しずつたまりなんとか損を埋めてくれています。
株や為替と違いあまり儲からないですが、投資信託は緩やかにわずかな貯金をしているような感じでしょうか。
子どもの学資にと思っていた資金は、ちょうど学費に使おうとしてた頃は恐ろしく目減りしていたので、売却する事ができず、結果今も保有しています。もう、ここまできたらもう少し持っていようかと思います。
投資は本当によく勉強してから始めないとえらいことになる。
これが私の投資に対する思いです。

罠にはまらない投資情報

投資の世界では罠がたくさん。
今回は外国為替証拠金取引(FX)についての初心者が陥りがちな問題を挙げます。

・損切りが適切にできない
入門書にも書いてある通りに損失を限定することは大事ですが、これが大きすぎたり小さすぎたりして損が増えてしまうことがあります。これはプロでも難しい部分なので何が適切であるのかはそれぞれでしょう。本質的には最初に注文した時に予測が当たっていれば損切りを考えなくてもいいのです。つまり、予測通りに進みそうなところを狙って注文すれば損切りに悩むことも少なくなるのと言えます。予測通りに進みやすいところは値動きがはっきりしていてファンダメンタルズ要因としても安定しているときです。

・指標で損をしてしまう
大きくレートが動くために一獲千金を狙いがちな経済指標発表時ですが、この動きを予測していくのも至難の業。この時にはスプレッドが広がりがちになり、約定も遅くなったり拒否されたりとトレードに向いているタイミングとはいいがたいもの。含み益が出ているときに指標でひっくり返されてしまうこともしばしばある難物です。指標発表前に決済してしまうか、ヘッジとして一時的に両建てしてしまうなど対処をすると回避しやすいでしょう。

・ニュースや要人発言を信用しすぎてしまう
為替レートに影響を及ぼすはずの情報でもその方向に動くとは限らないもの。要因としては、短期的なレートの動きは予測がしづらいことがあります。日銀総裁が「円安」と言ったはずなのに円高に動くことは多いのです。彼らは主に長期の予測を立てているだけにすぎず、明日や今月中などの短期間の動きについてはあまり言及せずにいるのです。短期間での動きはテクニカル分析に従う方が無難でしょう。ただし、長期的な予測が頭の中に入っているのといないのとでは違いが出るでしょうから、ニュース情報やコラムなども検討してみておくと外すことが少なると思います。

・トレードルールに凝りすぎてしまう
難解な方法論を持ち出して来たり、オシレーターなどのインディケーターの組み合わせに勝利の法則があると信じすぎてしまうこと。オシレーターで見ただけで勝てるような魔法のようなものはありません。あくまで参考程度に見ていくことで判断が助かってトレードが楽になるでしょう。「線と線のクロス」も絶対に当たるようなものではありませんが、値動きする根拠のあるところのクロスなら的中しやすいので見ておくと勝ちやすいといえます。

アメリカで不動産投資をしようと思っている方は必見です

海外不動産投資をしよう、そして、その先はアメリカにしようと決めている人に必ず注目してもらいたい点を紹介したいと思います。
まずは学区です。アメリカというのは学区によってかなりの学力レベルの差がつきます。
そして、その学区が良い所に家を買うという事は、あなたの家の価値が常にあるという事を意味します。
これが低い所だと、買い手がなかなかつかない場合もありますのでこれは1番気をつけるべき点です。

そして、次にきちんとその土地がいつか都市になるかどうかというのが重要です。
もちろん田舎に住みたいという人はたくさんいるでしょうが、結局色々な物がそろっているのは都市になり、生活を支えるための仕事というのも都市に集中しておかれています。
基本は車でのアクセスとなる国ですから、車の便がよく(フリーウェイの入り口に近いかどうかなど)、またこれから発展するであろうと思われる場所を選んで下さい。
その土地を安い時に買っておき、どんどん値上がりした時に売るというのも海外不動産投資のやり方の一つになります。

また、お庭などの手入れもちゃんとされているかどうかを見て下さい。
されていない場合はあなたが、それを買った後、業者に頼むか自分で何とかして庭をきれいにするかしなければいけません。
そうなると、どちらにしろかなりの金額を要しますので、最初からそれなりに整ったお庭(外観)の家を選ぶ事がアメリカでの不動産投資のポイントとなります。

国内不動産投資の勧め

日本国内で不動産投資をする場合、私は一軒家ではなく、マンションを買う事をお勧めします。
一軒家は自分が住む家として一生使う物であれば、投資としてではなく自分のものとして買うのは良いと思います。
しかし、あまり不動産投資には向いていないと思います。その理由を今から説明します。

まず、思い浮かべて欲しいのですが、マンションと一軒家があります。
あなたは賃貸をするとしたらどちらを借りたいと思いますか。
おそらく、賃貸であるならもちろん家族構成にもよりますが、一軒家を選ぶ人よりマンションを選ぶ人の方が多いでしょう。
何故ならそちらの方が家賃も安いでしょうし、庭の手入れなどにお金をかけなくて済むからです。
事実、一軒家を貸し出そうとした時に、不動産屋さんから聞いた話ですが、あまり借り手はいないようです。
マンションであればすぐにみつかると言っていました。
借り手がすぐに見つかれば、家賃収入も安定しますよね。

それに、マンションであれば例えば子供がいる家族にとってはその敷地内に友達がいるわけですから、遊びやすくなります。
お母さんたちにとっても、友達の親の顔がよくわかっているというのは安心できる素材になります。
また、最近ではマンション内に色々な施設ができ、子供から老人までとても暮らしやすいイメージができてきました。
そのおかげでマンションを借りたいという人だけではなく、あなたのマンションの部屋を買いたいという人も出てきやすくなっています。

FXが人気の理由と今の環境について

近年のインターネットビジネスは効率性が非常に高くなっています。それは自分も体験してよく理解している部分です。また、日本ではバイナリーオプションなどの新しいビジネスが登場していることも知られています。FXは手軽なマネートレードによって世界と取引をする内容です。今ではこういった方法で稼いでいるユーザーは非常に多くなっています。その実態は本当に優れたものです。FXを実際にやってみると専門知識の多さが難しく感じます。しかし、こういった知識の問題は個人の範囲で解決できるものです。なぜなら、今ではインターネットにFXの専門サイトが多く存在しているためです。ここではマネートレードなどを詳しく解説しており、お勧めのFX会社なども同時に紹介しています。ユーザーは初心者でもFXで稼ぐチャンスがあります。今の環境はインターネットビジネスに特化しています。その理由は現代のインターネットが世界と繋がっているためです。そして、ユーザーは世界の金融の状況を常にチェックできます。お金の変化を予測して収入を得るFXでは、そういった情報の入手が非常に大切になっています。しかし、インターネットのスピーディーな応答を考えればそれは簡単なことです。私はFXというインターネットビジネスには良い印象を多く持っています。なぜなら、これらは手軽な手段で稼げるためです。近年ではそのコストも非常に安いので、計画を立てて行動していけば失敗することも少ないです。現代で成功するためにFXは身近な選択です。

クレジットカードと2種類のキャッシングカードを使いこなせ!

使いこなす秘訣ですが、シチュエーションで利用するカードを変えるだけでOKです。各シチュエーションに応じた適切なカードを紹介したいと思いますが、例えば、銀行口座にお金があって現金が必要な時は、銀行キャッシングカードでお金をおろすだけ。でも、クレジットカードをわざと利用してポイントを貯めるのも一つの手です。

では、銀行口座にお金があっても手元に現金がない時のベストな選択はと言えば、クレジットカードでしょう。銀行のキャッシングカードで現金を引出すという手もありますが、ATM手数料分損する可能性がありますから、クレジットカードでの支払いがベストな選択と言えます。

では、今すぐ現金が必要、しかしATM利用の時間外の場合、どのカードを利用するのがベストでしょうか?選択肢は二つ、一つは融資専用のキャッシングカード、もう一つがクレジットカードです。クレジットカードでどうやって現金を手にするの?と思うかもしれませんが、クレジットカードにはキャッシング枠が付帯されていますので、そのキャッシング枠を利用して現金引出すればOKです。

ただし、条件は繰り上げ返済をすることです。キャッシングでお金を借りてすぐに返済すれば、返済利息はほんのちょっとで済みますので、ATM手数料をかけて銀行口座からお金を引き出すよりも安く済むのです。

以上のように、クレジットカードと2種類のキャッシングカードは、シチュエーションに応じて使い分ければよりお得で、余計な負担を負うこともありません。財布の中に当たり前のように入っている各種カード、これからさらに使い分けて懐を温めるのはいかがでしょうか。

キャッシングカードとは

キャッシングカードには2種類あって、一つは銀行のキャッシングカード、もう一つが貸金業者専用のキャッシングカードです。

銀行のキャッシングカードは、銀行口座を開設した方なら誰でも持っているものですが、主な使い道は銀行口座からの現金引出、または現金預入となります。このカード一枚あれば全国どこでも現金引出が可能ですが、口座にお金があればの話です。基本的に口座にマイナスはありませんから、ある分だけ引出できるのが銀行キャッシングカードです。

もう一つの貸金業者のキャッシングカードですが、これは現金融資カードと考えられるでしょう。平たく言えば、現金借入カードです。銀行口座からお金を引出したいが口座入金額0円といった場合、もう一つのキャッシングカード(融資専用カード)で現金を借入れすれば事なく終えることができるというわけです。

ただし、キャッシング(現金融資)でお金を借りると利息を返済しなければなりません。キャッシング金利は相場で15%~18%となっていますから、10万円を1年間借りて1万5千円以上の利息を支払う計算になります。

以上のように、キャッシングカードの種類によって用途が全然違うことがお分かりいただけると思います。では、クレジットカードと銀行キャッシングカード、融資キャッシングカードをどのように使いこなしたら良いのでしょうか?秘訣をご紹介しましょう!

使いこなせば利益倍増!クレジットカードとキャッシングカードの大きな違いとは

使いこなせば利益倍増!クレジットカードとキャッシングカードの大きな違いとは

私たちの財布の中に必ず入っているカードと言えば、クレジットカードとキャッシングカードですよね。この2種類のカードがあればどんなシチュエーションにも対応できる、いわば‘無敵’のカードですが、これらカードを使いこなすためには更なる知識が不可欠です。

クレジットカードとキャッシングカードの違いを見極め、さらにお得に利用できる秘訣をご紹介です!

クレジットカードは言わずも知れた現金不要のスペシャルカードですが、なぜ現金なしで買物ができるのか、その仕組みを考えたことがありますか?クレジットカードは信販会社やその他銀行などが発行したカードですが、文字通り信用(クレジット)に基づいたカードと言えます。

簡単な例でその仕組みを理解できますが、1万円の品物をあなたが購入する時、現金支払いならば現金1万円をお店に渡すことで売買取引完了となります。しかし、クレジットカードで1万円の商品を購入した場合、購入者はその場で支払いをせず、いわばクレジット会社に肩代わりをしてもらい、後で期限までに購入代金1万円をクレジット会社に支払うことになります。

商品を売ったお店は、後でクレジット会社に手数料を支払いことになりますから、クレジット会社はその手数料分が儲けとなるわけですね。そうなると商品を売るお店は損をすることになると思うかもしれませんが、クレジットカードを利用できる場を設けることで、お客を逃すことを避けられます。手数料を払ってでも商品を売ることで利益を上げることが出来るというわけですね。

これがクレジットカードの主な概要となっています。