投資は目的に合わせて慎重に

投資は目的に合わせて慎重にキャッシング徹底比較

私は以前、金利の良い頃住んでいる所の信託銀行に組み合わせ信託預金をしていたことがあったが、その預金も限度額を越えるようになったので、投資信託をすすめられてやっていた。なおその信託銀行の支店は出ていったため、違う信託銀行に口座を移した。まだそのころは、2008年のサブプライムローンの破綻前であり、前の信託銀行でおこなっていた投資信託では、一部損をしたものもあったが、全体的にはかなりの利益があった。これなどは時期的な運もあったのだろう。しかし今やっている投資信託はほとんど利益がでていなくて、自己資金をくっているようなものだ。現在一般銀行なり郵便でも投資信託を扱っているが、これなどはあまりすすめられないものらしい。これなどは、銀行等の手数料稼ぎであるともいはれている。投資信託をやる際は、世界の動きなり経済情勢に気をつけなければならないだろう。

不動産投資はやったことがないのでくわからないが、よく自宅なり勤務先に電話をかけてくる不動産投資の話には乗らないほうがよいだろう。特に大都会の一部屋のマンションの投資話は、詐欺まがいのものもあるようだ。不動産価格は、今はだいぶ値下がりの傾向がなくなりつつあるようだが、まだ下がっている地方の方が多いようだ。東京はオリンピックがちくずいていて不動産価格も上がっているようだが、オリンッピクが終わるどうなるものか。また不動産価格が下がってくるかもしれない。また日本は人口減少しているので、不動産投資も長い目で見ると、あまりすすめられないのだろう。
すすめられるとしたら、振興国に投資するものがよいとおもはれるが、これも振興国の情勢によっては、損を出すということもいえる。それなどで、投資する際は、それなりの情報を掴んでいなければならないだろう。