国内不動産投資の勧め

国内不動産投資の勧めキャッシング徹底比較日本国内で不動産投資をする場合、私は一軒家ではなく、マンションを買う事をお勧めします。
一軒家は自分が住む家として一生使う物であれば、投資としてではなく自分のものとして買うのは良いと思います。
しかし、あまり不動産投資には向いていないと思います。その理由を今から説明します。

まず、思い浮かべて欲しいのですが、マンションと一軒家があります。
あなたは賃貸をするとしたらどちらを借りたいと思いますか。
おそらく、賃貸であるならもちろん家族構成にもよりますが、一軒家を選ぶ人よりマンションを選ぶ人の方が多いでしょう。
何故ならそちらの方が家賃も安いでしょうし、庭の手入れなどにお金をかけなくて済むからです。
事実、一軒家を貸し出そうとした時に、不動産屋さんから聞いた話ですが、あまり借り手はいないようです。
マンションであればすぐにみつかると言っていました。
借り手がすぐに見つかれば、家賃収入も安定しますよね。

それに、マンションであれば例えば子供がいる家族にとってはその敷地内に友達がいるわけですから、遊びやすくなります。
お母さんたちにとっても、友達の親の顔がよくわかっているというのは安心できる素材になります。
また、最近ではマンション内に色々な施設ができ、子供から老人までとても暮らしやすいイメージができてきました。
そのおかげでマンションを借りたいという人だけではなく、あなたのマンションの部屋を買いたいという人も出てきやすくなっています。