使いこなせば利益倍増!クレジットカードとキャッシングカードの大きな違いとは

使いこなせば利益倍増!クレジットカードとキャッシングカードの大きな違いとはキャッシング徹底比較使いこなせば利益倍増!クレジットカードとキャッシングカードの大きな違いとは

私たちの財布の中に必ず入っているカードと言えば、クレジットカードとキャッシングカードですよね。この2種類のカードがあればどんなシチュエーションにも対応できる、いわば‘無敵’のカードですが、これらカードを使いこなすためには更なる知識が不可欠です。

クレジットカードとキャッシングカードの違いを見極め、さらにお得に利用できる秘訣をご紹介です!

クレジットカードは言わずも知れた現金不要のスペシャルカードですが、なぜ現金なしで買物ができるのか、その仕組みを考えたことがありますか?クレジットカードは信販会社やその他銀行などが発行したカードですが、文字通り信用(クレジット)に基づいたカードと言えます。

簡単な例でその仕組みを理解できますが、1万円の品物をあなたが購入する時、現金支払いならば現金1万円をお店に渡すことで売買取引完了となります。しかし、クレジットカードで1万円の商品を購入した場合、購入者はその場で支払いをせず、いわばクレジット会社に肩代わりをしてもらい、後で期限までに購入代金1万円をクレジット会社に支払うことになります。

商品を売ったお店は、後でクレジット会社に手数料を支払いことになりますから、クレジット会社はその手数料分が儲けとなるわけですね。そうなると商品を売るお店は損をすることになると思うかもしれませんが、クレジットカードを利用できる場を設けることで、お客を逃すことを避けられます。手数料を払ってでも商品を売ることで利益を上げることが出来るというわけですね。

これがクレジットカードの主な概要となっています。